MESHで奏でる、未来の風鈴。

      2018/03/12

こんにちは 、Shiba-labメンバーのGyokuroです !

今回私が3/10、11に池尻セレクトハウスで出展する作品について紹介します

私の作品は2つありますが、今回はその一つの「MESHで奏でる、未来の風鈴。」について紹介させていただきます!

この作品は人が通ると、「小田原風鈴、江戸風鈴、ウインドチャイム、南部鉄器、明珍火箸」の5種類のいずれかの風鈴の音が鳴ります!

この作品でMESHとスマートフォンを使い、身近に日本各地の風鈴の音に耳を澄ませ心を癒しましょう(^ー^)

材料

  • MESH人感タグ
  • 紙コップ
  • マスキングテープ
  • 両面テープ
  • スマートフォン

作り方

  1. 紙コップをデコレーションしましょう。
  2. 次はMESH人感タグが動きを検知できるようにします。デコレーションした紙コップの前方を数セン チ(1~2センチ程度)あけます。
  3. 紙コップ内部に人感センサーを両面テープで固定します。
  4. MESHアプリを使って音楽を流すように制御して完成。
  5. 以下に詳細な設定を示します。

使用技術

MESH

難易度

星1つ! 簡単です!

 

風鈴の外観については、自分好みに紙カップのデザインを変えると良いでしょう(^-^)

また風鈴の音はiTunesから鳴らしておりますので、風鈴だけではなく自分の好きな曲を流すオルゴールとしても利用することもできます!

さらにそれをRaspberry PiとUSBスピーカーの合わせ技でより本格的な音質も楽しむことができます(*´∀`)♪

以上「MESHで奏でる、未来の風鈴。」の紹介でした。

お読みいただきありがとうございましたm(__)m

ぶっちゃけると緑茶よりジャスミン茶が好きです。

 - 未分類