unity で超簡単 おうちデジタルサイネージをつくる

   

こんにちは。yanakattyです。

池尻セレクトハウスで行われた「FUTURE HOUSE PROJECT」の未来の和室の障子をunityというゲームエンジンを使って、おうちのなかで四季を感じられるデジタルサイネージにしました。みなさんのおうちでも楽しめるように、作り方を紹介しますね。すごい簡単にできるので試してみてください!!

unityというのは、ゲームを作るために使われているソフトで、個人の方なら無料でダウンロードできます。

使用した素材

今回は、四季がテーマなので、有料のアセットであるこちらを購入しました。

ちょっと難しくなりますが、無料でも木を作って代替ことができるので、この unityのマニュアルをみながらやってみてください!

プロジェクトの作成

unityをインストール後、新しくプロジェクトを作ります。

3D,2Dとありますが、今回は障子の平面に投影するだけなので、2Dで大丈夫です。

プロジェクトができるとこんな風になります

アセットのダウンロード

購入したアセットは、unityのasset store からダウンロード、インポートができるのインポートをします。

全部インポートでOKです。

インポート後、インポートしたunityのシーンファイルを開くと、こんな風になります。

 

これだけでも良い気がしますが、背景を黒くすると、プロジェクターで投影する時に何も映らず、プロジェクションマッピング感がでるので、していきます。

背景の色変更

あらたに、File>New Sceneからシーンを追加します。

そして、Main Cmeraを選択し、

 

ここのBackgroundを選択し、黒にすると、背景色が変わります。

最後に保存をします。

木をインポート

さっきのassetのシーンから木をコピーして、背景が黒のシーンに貼り付けます

 

 

最後にSceneウインドウで好きな位置に調整したり、風でなびくようにさせれば完成です。

 

あとは、buildというアプリケーション化をすることをして完成です!

 

 

 

 

いかがでしたか?とても簡単にできたと思います。みなさんもつくってみてください!

主にShibaLabの企画してる人。
光るものが好きです。

 - メンバーblog, 作ってみた